出張ホストを利用する女性たちの食べ放題感覚のセックス

セックスレスに悩む主婦や、禁断の世界を楽しみたいという好奇心旺盛な女性にとって、メジャーになりつつある「出張ホスト」。「出張ホストはプロだから、不倫や浮気のうちに入らないのよ」と、開き直っている常連女性もいる。しかしいざ利用しようと思っても、金銭的条件や精神的な迷いがハードルとなって躊躇してしまう人も多いだろう。実際、どんな女性が利用しているのか、出張ホスト歴3年、昼間は不動産会社で営業の仕事をしているというマコトさん(41歳)に話を聞いた。

待ち合わせの上野駅前の喫茶店に現れたマコトさんは、ごく普通のサラリーマン。外見は只野仁(高橋克典)を思わせるようなワイルドマッチョだけど、ジャニーズの山下智久くんのようなキュートな顔立ちがミスマッチだ。

マコトさんが出張ホストを始めたきっかけは、本業の「営業マン」としてのスキルアップのためだという。

「出張ホストのバイトは、いかに初めての人と短い時間でどれくらい親密になれるかという訓練だと思っています。あくまでも本業の腕を落とさないための訓練なんです」

――利用者層を教えてもらえますか?

「30後半~50代の主婦からの依頼が8~9割です。20代の独身OLは数えるほど。僕が言うのも変ですが、『エッ!? この人が?』みたいな、見た目はごく普通の清楚な主婦がほとんどです。ブランド物でかためていたり、水商売風の派手な女性は皆無です」

――男性向けのデリヘルだと、男性が店舗を通じてホテルや自宅に女性を招き入れるのが一般的ですが、出張ホストも同じでしょうか?

「今どきの主婦たちは、ネット情報や口コミで全行程を把握しているので、99%はラブホ街に近い駅で待ち合わせて、ラブホに直行というパターンが多いです。最初にお茶をしたり、メールでデート場所などをやり取りすることはほとんどないです。言うなれば“セックスオンリー”。ほとんどが2~3時間コースでエッチするだけです。数は多くありませんが、矢口真里さんの影響か、家族が居ない昼間に自宅に呼ばれるケースもここ最近増えてきました。夫婦のベッドで他の男に抱かれるのって、スリル満点なんでしょうね。40代の主婦の性欲は、もの凄いものがあります。時間めいっぱい『もっともっと』と貪欲に求めてきます。『90分食べ放題』感覚なんでしょうか」

Photo by cool3c from Flickr
――料金とプレイ内容は?

「デート代は、エッチ込みで2時間1万4千円。プレイは基本ノーマルだけど、希望があれば軽いSM、アナルセックス、3P~4Pもやります」

――マコトさんは今まで何人くらいの女性を接客してきたのですか?

「出張ホストの看板を上げて3年ですが、付いたお客さんは延べ150人弱。月平均3~4人ってとこなので、収入は月に10万円あったらいいほうです。体力も気力も使うし割に合いません。女性に対するNGは基本なしですが、あまりにイケてない女性の場合はナニが反応しないんで、頑張って妄想して奮い立たせます。今まで勃たなかったっていうことはありませんね」

――固定客というか、常連さんはどんな方ですか?

「月イチくらいで利用してもらっている60代の女性がいます。銀座のデパートで彼女のショッピングにお付き合いしたり、ついでに僕の時計とか小物類も買ってもらう。セックスそのものより、バブルバスでお互いの身体を洗い合ったり、ベッドでただ抱き合ったままキスするのが好きみたいです」

――今まで接客した中でもっともインパクトのあった女性は?

「生後3カ月の赤ん坊を抱いてきた30代の主婦がいました。出産後に旦那さんとセックスレスになってしまって、欲求不満だった。ラブホのソファに赤ん坊を寝かせて、その隣でエッチしたのはヒヤヒヤしました」

――それは鬼気迫るものがありますね。夫婦の悩みを抱えている女性の利用が多いのでしょうか。

「そうですね。たとえば介護の仕事をしている40代の主婦の方ですが、夫が浮気しているのを知って、『悔しい。自分もストレスがたまっているのに』といらっしゃいました。2時間の予約時間のうち、すべてセックスレスの悩みや夫の愚痴などのおしゃべりで終わってしまったことがあります」

――セックスそのものではなく、愚痴を話せる相手が欲しかったのかもしれませんね。ちなみに、カップルでも依頼できるのでしょうか?

「はい。50代のご夫婦からの依頼がありました。ご主人が勃起障害なので、『妻を楽しませてもらいたい』ということでした。ご主人の前で奥様を犯していたら、それを見たご主人が元気になってバトンタッチしました。『久しぶりにできた!』と、ご夫婦に感謝されたので、こちらとしてもとても感激しました」

――検索すればいくつもの業者やホストが出てくる中で、本業をこなしながら月に平均3~4人のお客を相手しているマコトさん。ご自身のセールスポイントは何?

「エッチのほうは、前戯は女性が『もう止めて』って言うまで責めます。あとは射精をコントロールできること。エッチ以外では、自分は聞き上手なので、何時間でもどんな話しでもお聞き致します。最近では、女性の方がレスだとか夫婦の悩みを僕にぶちまけて、ストレス解消してすっきりされて帰っていくのを見ると、ある意味カウンセラー的な要素もあるのかなと思います。出張ホストという名を借りた人助けですね」

性欲解消のためだけでなく、人肌のぬくもりや、話し相手を求めて出張ホストを利用する女性たち。それは性風俗へ行く男性も同様かもしれないが、安定したパートナーではなく「知らない誰か」を求める気持ちがわきあがる瞬間は、誰しも経験があるのではないだろうか。出張ホストのニーズがあるのも頷ける話だ。
(萱野元子)より抜粋

関連記事

  1. レンタル彼氏sex事情

    レンタル彼氏 – 小説家になろう!から抜粋です

  2. 『レンタル彼氏』を借りた女性の体験談がスゴイ

  3. メールのマナーについて

  4. 札幌レンタル彼氏

    6月24日新人登録

  5. 札幌レンタル彼氏「LOVE STORY】オープンです

  6. 最近面接が多いです

彼氏候補!ブログ集

札幌レンタル彼氏ブログ集