人妻投稿・・小説風

札幌出張ホスト物語

「あれ美味しいですよね♪」
ずっと以前に始め、なんとなく続けていたブログからメールが転送された。
少し前に載せた食レポもどきにレスがついたらしい。

珍しさもあって返信すると、すぐ返事がくる。
もちろんフリメだし名前もM。一応女性だろう…程度に考えながらやり取りをはじめた。

なぜかお互いに相手を詮索せず、淡々とよく行く店の話しなどで一か月も経った頃、
「一度逢ってみたい」
と彼女から持ち掛けてきた。

何も考えずOKし待ち合わせ場所を決め、
「車のナンバーはこれ、外にいるから様子見して良いよ」
と伝えた。

駐車場の端に停めて待つと、数台が通った後に軽が横付けされる。
小柄な女性が降りて頭を下げた。
「こんにちは、Mです」
照れくさそうに口元を押さえた左手に指輪が光る。
「こんにちは。って、人妻さんだったの?」
「あ、はい、あ、人妻ダメ?」
「いや僕は平気というか、大好きです」
と笑うと
「人妻専門なんですか?」
と彼女も笑った。

ゆっくり話したいと言う彼女を後部座席に乗せ改めて自己紹介する。
「美紀25歳です」
「なるほど美紀さんのMなんだ」
「うん…まぁ…」
「ん?でも今日ご主人はいいの?」
「あ~はい、どっか行っちゃったから」
「そう。まぁいいか。可愛い奥様に逢えてラッキーだし」
「なんかドキドキしますね」
「あれ?もしかして不倫になっちゃう?」
その瞬間ビクッと膝を震わせ俯いた美紀は、
「それもいいかなって…」
太ももの中ほどのスカートの裾を摘みながら驚きの返事を返した。
「えっ!あ、えっと…そっち?」
「やっぱりダメですよね?人妻じゃ面倒ですよね」
「いやいや本当にそれはいいけど、美紀さんはリスクあるから」
「私はバレなきゃいいんです。あっちも遊んでるみたいだし…」
「仕返しみたいな気分?」
「もあるし、あと…」

その様子にあまり問詰めるのも悪いかなと思った時、
「合わないんです…感じが」
「感じ?エッチの?」
「う…ん」
「早いとか淡白とか?」
「あの…笑わないですか?」
「うん」
「呆れたりする?」
「しないと思うけど」
「あの…普通…なんです…」
「普通?普通…物足りないって、もしかして美紀さんマゾ?」
膝の上で拳を握り美紀は頷いた。

「そっちかぁ、あ、MってドMの事?」
「おかしいですよね。変な女でしょ」
「いや、人それぞれだし変じゃないよ」

小さなため息をついた美紀に対しイタズラ心が芽生えた。
「どんなMの人妻なのかな?鞭で打たれたりロウソク垂らしてとか?」
「あ、いえ、そこまでは…こうギューッてされたり少し叩くとか、あのそんなの…」
「へぇ~見た目よりエッチな奥様なんだ。昔はされてたの?」
「いえ、想像だけ…」
「想像だけ?じゃ…」
美紀の頭を引き寄せ耳元に囁く。
「妄想オナニーで欲求不満解消してるんだ?」
「はぅっ!耳は…はい、」
「すごくイヤらしいことされるんでしょ、無理矢理身体を弄られたり」
「アッ、気持ちいい…噛まれたり…胸とか…」
「ん?こんなの?」
目の下にある豊かな膨らみがシャツを持ち上げている。
形から見当をつけ乳首を摘む。
「ンくっ!は、い、いです」
「痛くない?もっとかな?」
「はい、アッ!あイイッ!!」
どうも中はキャミ一枚らしい感触で、固くなる乳首がハッキリわかる。指先を擦る様にギュギュッと抓った。
「イイッ!アッ、気持ちいいですっ!」
喘ぎながら美紀は両腕で乳房を寄せ身を固め耐えている様だった。
「気持ちいいんだ…じゃあこんなしてやるかな」
と摘んだ乳首を右に強くひねる。
「んひゃっ!!いっ、ンーンー!」
「そう、まだイッたらだめだよ、声も我慢な」
「ンーグッングッ…」
口を閉じ必死でこらえる苦悶の表情がやけに色っぽい。
捻った乳首を引っ張り左右に振ると、乳房はプルプルと柔らかく揺れる。
「嬉しいんだ?イヤらしい人妻だね。オナニーでこんなことされて悶えてるんでしょ」
「ンーンー、いい…もっと、強く、いです!」
再び耳に口を寄せ囁く。
「奥さん、イヤらしい顔して乳首勃起させて何やってるの?知らない男にやられてるんだろ?」
「ひぃっ!イッあイッ、イック」
反射的に手を離し美紀の顎を掴んでこちらを向かせる。
「いまイこうとした?ん?イキそうだったろ」
そう聞きながら指で頬を叩く。
「あ、はい、ごめんなさい、気持ちよくて…」
「ダメだろ?我慢しなきゃ美紀」
言いながら再び乳首を摘んで捻る。
「はい、アアッ、ごめんなさい、我慢、んっ…」
今度は両乳首を同時に責め美紀に指示する。
「目を開けてこっち見なさい。10数えるからそのまま声も我慢だよ」
美紀は口を閉じ何度も頷いた。
「いーち、にーぃ、、、さぁ~~ん…」
当然わざとゆっくり数える。
美紀は涙目になりながら必死でこらえている。

「な~な、はぁ~~ち、きゅ~にこんなことされて気持ち良いなんて、イヤらしい人妻だなぁ。あれ?今いくつだった?」
さすがに目を閉じた美紀は、
「9です、お願い、です」
「あ、きゅ~~うからか。じゃあ、きゅ~~~う」
「う~っ、イッ、お願い…」
「10!ほら!」
声と同時に更に一捻りして指を離す。
「ヒッ!クッ!ッ」
膝を跳ね上げて美紀は身をかがめた。
「大丈夫?美紀ちゃん」
声を掛けながら顔を上げさせると涙を流しながら荒い息を吐いている。口の端からは涎が垂れている。
「あらら、人妻なのにだらしない。ヨダレダラダラだぞ」
そう言って顎を舐め唇を重ねて舌を挿し込む。
「ング!ん、ん、はぉっじゅる、」
美紀は素直に反応し丹念な舌使いで応えてくる。

一応同意を得たと解釈し、シャツをはだけキャミの肩紐を外して胸を晒すと、重さで少し垂れた乳房が揺れる。
「もったいない。これを堪能しないとか。ちゃんとして欲しいって言えば?」
「言えないです。あの人、清楚が良いとか言うし」
「嫁は清楚で自分は外で遊ぶの?なんだそれ」

乳房を弄びながら声を掛けると美紀は指を乳首に誘い、
「あの…噛んで、ください。噛まれてみたいです」
とねだった。
「噛み切っていいの?」
「あ、いえ、あの…わかんないです、ごめんなさい」
回りに車はないが少し客が増えてきたようだ。
シートを倒し美紀を寝かせて乳首に歯を立てる。
「あうっ、んはっ!アッ!アッ!いっ、もっといいです、アアッ!」
付根から先端まで細かく歯を立て時折舌で舐め強く吸い付く。
「んっ!イッ、アッはぁっっ、」

美紀の肌がピンクに染まった頃、素早くスカートの中に手を入れ具合を探る。
「あれぇ?奥さん、おしっこ漏らしたの?」
「いやっ!違います。アアッいぢっちゃ…はぅっっ…」
かなり小さな布がグッと食い込み溢れる汁を吸い取る役目は果たしていない。
そのまま指を這わせ突起を見つけるとそれも強く摘んでやる。

「ひやぁぁ!!!イッ!アアッ!だ、ダメ、クリっだ、ダメ、ダメッ!!いっくぅぁ!」
美紀は足を伸ばしこちらの腕を強く握り一気に昇り詰めたらしい。
膝を強く閉じ腰を突き上げ身体を震わせる。
「ご、ごめんなさい。勝手にイキました、ごめんなさい」
「クリもこんなされて気持ち良いんだ?よっぽど好きなんだねぇ。もっとヤりたくてたまんないでしょ?」
「こんな、オナニーより気持ち良いです。すごく良い…」

「本当に妄想だけ?結婚前に調教されたんじゃない?」
「ううん、本当にないです。エッチはしてたけどこんなのは初めてです」
「じゃあ本当にマゾっ気がある淫乱人妻なんだ。こんなことされてヒーヒー喘ぐとか変態だね」
と下着を引き抜きいきなり指を入れ、クリを親指で押し潰し中と外を同時に責める。
「あぐっ!イッ!アッアッ!!また、ダメで、いいっ!」
「ほらこれ舐めなよ」
と左手の指を二本口に押し込み舌をこね回す。
「ぐぇっ!んぐっ、んっ…ふーっ、んぐっじゅる、んふ、ンー!」
唇から股間からヌチャヌチャと卑猥な音が車内に響く。
「奥さん、勝手にイッたら罰があるからね」
「ひぁい、がわんしやひゅ…」
そこでまたクリを指で挟みクイッと捻った。
「ひぁ!やっ!やめ、ひょえやめ!」
美紀は手をどかそうと抵抗するが無駄だった。
指先に力を込めるとまた一気に昇り詰める。
腰を突き上げ股を強く閉じて硬直した。

「あらら、駄目だったねぇ…約束だからお仕置な」
「ごめんなさい…」
ションボリする美紀のバッグから見えるスマホを取り出して目の前に突出す。
「旦那に電話しながらやろうか」
「えっ!?それは無理です!お願いそれは許して、お願い」
「大丈夫じゃない?奥さんがイキ我慢してればバレないでしょ?ほらこの人かな?」
「ごめんなさい、本当に許してください。お願い」
本気で泣きそうな美紀が気の毒になり(というか自分もドSではないから)、美紀のイキ様を撮影することにした。

最初は躊躇したが自分のスマホなら流出も自分の責任とマゾっ気が働いたのか納得した。
全裸の美紀を撮影し、顔も局部も丁寧に撮影し、クリ責めのイク痴態を撮影した。

気付くと数時間が経過し美紀の顔も少し疲れがみえる。
初対面でこれ以上はと思い伝えると、自分から言い出した。
「私ばっかりでは…」
「また逢う気になったらその時はホテル行こうか」
「でも、じゃあお口だけでもさせてください」
「清楚な人妻が自分から舐めたいとか?」
「本当の私は違うから…」
そう言う美紀の目の前に勃起をむき出しにすると嬉しそうに手を添え自ら喉奥に咥え込む。
「ンぐっ!んぐっ、ん、んんぐっ!おっきいから、喉が…んぐっ!」
自分もかなり我慢したからか数分のイラマで射精感に襲われる。
「おっ!出る!くっ!」
頭を押さえ口元を撮影しながらたっぷり放出し飲み込ませると、
「美味しいです。次は中に…」
と笑顔で笑った。